用語

「臨場感」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「臨場感」(読み方:「りんじょうかん」)という言葉は、「臨場感のある~」「臨場感あふれる~」などの形でよく使われています。

実際にその場にいるかのような感覚になれるものについていう場合に使われている言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他に言い換えることができる言葉にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「臨場感」の意味と使い方、例文について見ていきましょう。また、よく似た意味を持つ類義語や言い換え表現である「迫力」「立体感」についても、その意味と例文もチェックしておきましょう。これらの言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。

「臨場感」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

映画館などでの迫力ある映像と音を感じた時に使われることもある「臨場感」という言葉ですが、まるでその場に自分がいるような感覚になった際に出てくる言葉でもありますね。リアルにその映像や作品などを感じる時に使うこともあるこの「臨場感」という言葉ですが、使用されている漢字からもその意味見て取れます。日常生活でこの言葉を使用する際は、シチュエーションに合わせた適切なニュアンスを理解しておきたいですね。「臨場感」の意味と使い方、例文などをチェックしておきましょう。また、「臨場感」の類義語や言い換え表現を把握しておけば、場面場面で使い分けることにより表現豊かに言葉を使うことが出来ます。これらの意味や例文も参考にしてみてくださいね。

「臨場感」の意味

映画などの映像だけでなく、音やアート作品などを説明するときにも使われる「臨場感」は、自分がその場でどのように感じているかを簡潔に言い表す際に便利な言葉になります。基本的に良い意味で使われることが多い言葉でもありますが、実際に辞書ではどのような意味として定義されている言葉なのでしょうか。ニュアンスを把握するためのヒントとして、辞書に記載されている定義を引用してご紹介します。

現場にのぞんでいるような感じ。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「臨場感」

つまり「ある物事が実際に行われているその場所にいるかのような雰囲気」を表す語となっています。

「臨場感」の使い方・例文

まるでその場にいるような感覚を感じるような時に使用できる「臨場感」は、日常生活においても使用頻度のある言葉ですね。ある程度この言葉を使い慣れているという人もいるかも知れませんが、実際にどのように使えば適切なのかを、例文を通してチェックしてみましょう。おさらいの意味も含めて、使い方のヒントにしてみてくださいね。

「実際のライブ音源を収録したそのCDは、演奏とともに観客の歓声も入っていてあたかも会場にいるような臨場感や躍動感を味わえる」

「ホームシアターを設置してライブ映像を鑑賞し、生演奏の迫力と臨場感に圧倒される」

「ホームシアターを導入して、映画館同様の臨場感を体感しながら映画を楽しむ」

「そのプラネタリウムは最新の機器で本物さながらの天の川や星空を再現し、臨場感あふれる星空の世界を体験することができる」

 

「臨場感」は、まるで実際にその物事が行われている場所にいるかのような雰囲気を感じられることについていう場合に「臨場感あふれる」「臨場感のある~」といった形で使うことができます。

「臨場感」の類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

「臨場感」という言葉で状況や感覚を言い表すことが可能ですが、さらに詳細に、そしてわかりやすく伝える時にも使える類義語と言い換え表現をご紹介します。これらの「迫力」と「立体感」という言葉は、「臨場感」よりも馴染みのある言葉でもありますね。視覚や聴覚など、感覚によってリアルさを感じる時に使用できるこれらの言い換え表現について、その意味と使い方、例文をチェックしましょう。

「臨場感」の類義語や言い換え表現1 「迫力」(はくりょく)

「臨場感」の類義語・言い換え表現として挙げられる言葉に「迫力」があります。使用されている漢字からも「迫る」「力」という意味に取れますね。これは、一般的には心に迫るような力を表す言葉として理解されています。果たして実際にはどんな意味があるのでしょうか。

「迫力」の意味

日常生活では多く使われる言葉と言える「迫力」は、心に迫るような自然の風景や何か大きな物に対して使われる事が多い言葉です。特に視覚で感じる感覚に対して使用されるイメージがありますね。この「迫力」はすでに使い慣れた言葉ではあるかもしれませんが、おさらいの意味を込めて辞書の定義を確認してみましょう。

圧迫する力。人の心にせまる力。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「迫力」

つまり、「それを聞いた人の心に迫ってくる力」のことをいい、以下のように使うことができます。

「迫力」の使い方・例文

使用頻度の多い「迫力」という言葉を使い慣れている人は多いですが、シチュエーションによって使い分けることができれば、より言葉の表現を豊かに出来ます。では「臨場感」と言い換えるときはどのようになるのでしょうか。使い方のヒントとなる例文をチェックして、そのニュアンスを再確認してみてくださいね。

「サラウンドスピーカーでコンサートホールで聞く演奏のような迫力を再現する」(≒「サラウンドスピーカーでコンサートホールのような臨場感を再現する」)

「映画好きの彼は映画館で味わうような迫力を自宅でも再現しようとホームシアターの導入を決めた」(≒「映画好きの彼は映画館のような臨場感を自宅でも再現しようとホームシアターの導入を決めた」)

「臨場感」の類義語や言い換え表現2 「立体感」(りったいかん)

image by iStockphoto

「臨場感」のもう一つの言い換え表現に「立体感」があります。この言葉も、「臨場感」と同じように使われる言葉であり、言い換え表現として非常に有効です。どのように言い換えるのが適切なのかも含めて、その意味や使い方、例文をご紹介します。

「立体感」の意味

「立体感」と聞けば、3Dのような映像のイメージを思い浮かべますが、「臨場感」という言葉と非常によく似た意味を持つ言葉です。身に迫るような立体的な映像などについて言える言葉ではありますが、その実際の意味を辞書の記載から引用してご紹介します。

立体的な感じ。平面的ではなく、奥行き・厚みなどのある感じ。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「立体感」

 

つまり、「横の広がりだけではなく奥行きがある感覚」について表現する時に使用できる言葉です。

「立体感」の使い方・例文

絵のような平面的なものではなく、高さや幅、奥行きなどを感じるときに便利に使える「立体感」の使い方のヒントになる例文を、「臨場感」と比較してご紹介します。「立体感」のニュアンスを把握するためにもおさらいしてみましょう。

「ホームシアタースピーカーで四方から音声が聞こえてくる立体感とともに映画鑑賞を楽しむ」(≒「ホームシアタースピーカーで四方から聞こえてくる臨場感のある音声とともに映画鑑賞を楽しむ」)

「ライブ音源を立体感のあるリアルな音声でライブ会場での空気感を体感する」(≒「ライブ音源を臨場感のあるリアルな音声でライブ会場での空気感を体感する」)

「臨場感」と類義語・言い換え表現を使い分けよう

以上、「臨場感」の意味と使い方、言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「実際にそれが行われている場所にいるかのような雰囲気」のことをいい、ある物事を実際にそこにいるようなリアルさで体感できるような物事についていう場合に「臨場感あふれる~」「臨場感のある~」といった形で使われています。

またニュアンスは違いますが、近い意味の言葉に「迫力」「立体感」といったものがあり、これらの語を使って、「臨場感」のような実際にある物事が行われている場所にいる時に感じられる心に迫ってくる感覚や、奥行きのあるリアルな雰囲気について述べる時に使うことができますね。

これらの語は、いずれもある場所にいるかのようなリアルな感じを表現する時に使用することができるので、適度な場面で使い分けてみてはいかがでしょうか。

Share:
prescott