用語

「典型」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

「典型」(読み方:「てんけい」)という言葉は、一般的に「典型的な~」「~の典型」などの形でよく用いられています。

あることの性質をよく表している代表例のようなものについていう場合によく使われている語ですが、具体的にどのような使い方をするのか、また他に近い意味のある語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。そんな「典型」という言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が説明していきます。

「典型」という言葉の意味と使い方は、実際にはどんなものになるのでしょうか。辞書の記載を元に解説していきます。その他、「典型」をシチュエーションで使い分けるためにも、「典型」に関連する類義語についても意味と例文をチェックしてみましょう。「典型」という言葉とその類義語のニュアンスを掴んで、表現の幅を広げるためのヒントにしてみてくださいね。

「典型」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

「典型」という言葉は、日常会話で耳にすることがある単語ですね。何気なく「典型」という言葉を使用することもありますが、実際にその意味とニュアンスはどんなものになるのでしょうか。「典型的」「典型だ」というような形で文章や会話に用いることが多い言葉になるので、正しいシチュエーションで適切に使えるように、その意味と使い方のヒントになる例文、言い換えができる意味が類似した類義語をご紹介します。

「典型」の意味

最も基本的な形や、見本のようなものや特徴を言い表すときに使用する「典型」という言葉は、いい意味で使われることもあれば、否定的な意味で使われることもあります。オリジナルの何かとさほど違いがないという場合に便利に使える「典型」についての意味はなんとなく把握している人も多いのではないでしょうか。まずは、はっきりとした意味を把握するために、実際的な辞書に記載されている定義について見ていきましょう

同類・同種のものの中で、その特性を最もよく表しているもの。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「典型」

つまり、「同じ種類のものの中でもそれ自身の性質を最もよく表しているもの」を表す語となっています。

「典型」の使い方・例文

人や物、事柄などの性質を言い表すことができる「典型」は、ビジネスシーンからプライベートまで活用の幅が広い言葉ですね。頻繁ではないものの、シチュエーションによって便利な言葉になる「典型」について、その使い方と例文をご紹介していきます。適切にこの言葉を使うためのヒントにしてみてくださいね。

「実家が田園調布にあり、茶道や華道、日本舞踊の嗜んでいるという彼女は典型的な美人のお嬢様だ」

「彼は仕事人間の典型で、残業でほとんど家にいないばかりか休日にも持ち帰ってまで仕事をしているらしい」

「彼が働いていた会社は給料が安い、残業が多い、休日は少ないと離職率が高い会社の典型だったそうだ」

「山内一豊の出世にまつわる妻・千代のエピソードは今年度の『内助の功』の典型例として紹介された」

「典型」は、ある事柄の特徴を最もよく表しているものについていう場合に「~の典型例」「~の典型」「典型的な~」といった形で使うことができます。

「典型」の類義語

image by iStockphoto

「典型」という言葉には、類義語が存在します。これからご紹介する類義語は、どちらかといえば「典型」よりも直接的で分かりやすい言いまわしが可能です。フォーマルな場やビジネスシーンでは文章や会話に使用することができる「典型」ですが、プライベートでは少し硬い印象もありますね。そんなときに、シチュエーションによって使い分けが可能な類義語をチェックしてみましょう。これらの言葉のニュアンスを把握して、表現の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

「典型」の類義語1 「絵に描いたような」

「典型」の類義語としては意味もよく似通っており、聞いた時によりダイレクトに意味が伝わる言葉となる「絵に描いたような」ですが、言葉そのままの意味として「典型」の類義語となります。しかし、使い方によっては少し失礼になる場合もあり得ますので、その言葉の意味と例文を確認しておきましょう。

「絵に描いたような」の意味

「絵に描いたような」という言葉は、そのまま文章の意味として捉えることが出来ます。「まさに絵に描いたような状況」「絵に描いたような人」など、あらゆる言い回しが可能です。この「絵に描いたような」を適切に使用するために、辞書に記載されている定義についても確認していきます。

ある状態や事柄のまさに典型であるさま。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「絵に描いたよう」

つまり、「ある状態や事柄の特徴をよく表している様子」を言い表すことができます。

「絵に描いたような」の例文

「絵に描いたような」の例文をご紹介します。言葉が「典型」よりダイレクトに感じることもあり、何かを評価したり、褒める時に使用できればより効果的な言葉と言えるかも知れません。例文をチェックして、そのニュアンスを掴んでみてくださいね。

「自分の意見として、彼は嘘を付かないしズルや不正をしたところも見たことがない。本当に絵に描いたような正直者だ」

「彼の家は休日になればみんなであちこち遊びに出掛けていていつも賑やかだ。絵に描いたような幸せな家族でうらやましい」

「上司の指示に従って仕事をこなせば、全てが上手くいき絵に描いたような展開になる」

「新しく購入した別荘は美しい自然の中にあり、思ったとおりの絵に描いたような別荘だ」

「典型」の類義語2 「見本」

image by iStockphoto

「典型」と「絵に描いたような」という言葉の根幹を言い表すような「見本」という言葉も類義語に数えられます。「見本」は、プライベートでもビジネスシーンでも多用する言葉ですね。仕事をする際も、何かの作業をする際も、最初は見本を元に行うことが多いのではないでしょうか。「典型」と意味は非常に似ていますが、使い方とニュアンスが異なる言葉になります。その意味と例文についても見ていきましょう。

「見本」の意味

「見本」は、日常生活で多用する言葉ですね。「典型」の類義語になる「見本」ですが、意味については馴染みもあるものになるでしょう。ニュアンスを確認するためにも、辞書の定義をチェックしてみましょう。

具体的な例。代表例。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「見本」

つまり、「ある事柄の一部がその全体的な特徴をよく表している例」のことを言い表す言葉として使用できます。

「見本」の例文

「見本」の例文を見ていきましょう。すでに日常生活で多用している言葉になりますが、例文で使い方を把握することで、他の類義語との使い分けができます。これらの例文をヒントに、「典型」と一緒に使い分けてみてはいかがでしょうか。

「彼は気の強い奥さんに頭が上がらずいつも気を使っている。さながら恐妻家の性格の見本のようだ」

「今日の営業成績はトップの上に勤務態度は良好と、彼はまさに優良社員の見本だ」

「製品を完成させるには、あらかじめ完成させてある見本を確認するのが必要だ」

「お手元にある見本をもとに、以下の各欄のプロフィールと質問の答えを埋めていって下さい」

 

「典型」とその類義語を上手く使い分けよう

以上、「典型」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は、「同じ種類のものの中でも最もその特徴をよく表しているもの」をいい、ある事の性質をよく表している分かりやすい例として挙げられるようなものについていう場合に「~の典型」「典型的な~」などの形で使われています。

また近い意味の言葉に「絵に描いたよう」「見本」といったものがありますが、「絵に描いたよう」はあることの特徴をよく表している様子についていう場合に「絵に描いたような~」という形で使うことができますね。

また「見本」はある事の具体的な例、代表例のことをいい、あることの全体的な特徴を表している代表的な例として示される人や物事についていう場合に「~の見本」といった形で使われています。

これらの語は、いずれもある事柄の性質をよく物語っている代表例のようなものについていう場合に使うことができるので、適度な場面で使い分けてみましょう。

Share:
prescott