用語

「才覚」の意味と使い方・例文・「才能」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「才覚」(読み方:「さいかく」)という言葉は、「才覚がある」「才覚を発揮する」などの形でよく用いられています。

「才覚がある」と「才能がある」という言葉について、あまり違いのない言葉であるという認識が強い人も多いのではないでしょうか。意味が曖昧になりがちなこれらの言葉の意味ですが、ニュアンスの違いについて正しく理解することができれば、シチュエーションにあわせてより適切に使用することができるでしょう。

また、「才覚」とは機転や機知のある優れた人物についていう場合などに使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また生まれつき備えている秀でた能力などを表し、近い意味のある「才能」という語とはどのような違いがあるのか、また使い方はどのように分ければ良いのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「才覚」の意味と使い方や例文、「才能」との違いについて、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。これらの言葉の例文なども確認して、より適切に使い分けられるようにしましょう。

「才覚」の意味と使い方・例文・「才能」との違い

image by iStockphoto

芸術や技術など、さまざまな人間の能力について評価するときに使用する「才覚」という言葉ですが、人がそれぞれ持つ特別な能力について語る時や文章にする時に使う言葉ですね。非常に特別なことを言い表すイメージの強い「才覚」という言葉ですが、一般の日常生活においては使用する頻度が少ない言葉でもあるため、そのニュアンスと実際の意味についてチェックしておいたほうがより確実と言えるでしょう。「才覚」という言葉の意味と、使い方を知るための例文をご紹介していきます。また、よく似た言葉である「才能」とはどのような違いがあるかについても知るために、その意味と例文を確認しましょう。

「才覚」の意味

「才覚」と聞けば、巧みであったり、技術が高いというようなイメージがあります。使用されている漢字からも秀でた能力があるという意味をなんとなく理解できる言葉ではありますが、実際にどのような意味を含む言葉なのでしょうか。使う頻度も少ない言葉になるので、いざという時にその意味とニュアンスを掴んでおき、適切に使用したいですね。使われている漢字のイメージとは少し異なったニュアンスを持つ「才覚」という言葉について、その意味を辞書から引用してご紹介します。

すばやく知恵を働かせる能力。機転。
知恵を働かせて手際よく物事を処理すること。
工夫して金品などを手に入れること。工面(くめん)。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「才覚」

つまり、「機知や機転」「知恵を働かせてうまく物事を処理すること」「工面すること」という意味を表す言葉として使われています。

「才覚」の使い方・例文

「才覚」という言葉の意味は、実際には上手く生きていくための能力であったり、または機転を利かせる能力ことを示す言葉であるという事がわかりましたね。そのまま「生きる能力」も表している「才覚」という言葉は、その言葉のイメージとは少し違った印象を受けます。では、実際に生活の中でこの言葉を活用する際には、どのような使い方が適切なのでしょうか。「才覚」という言葉の使い方のヒントになる例文をご紹介していきます。

「彼は家業の後を継いでから、その才覚を発揮して家業を企業並みの事業へと大きく成長させた」

「彼は会社員を辞めて起業すると、才覚を働かせてめきめきと事業を大きくしていった」

「絵の技術だけでなくビジネスの才覚を持ち合わせている彼は、絵を描くかたわらで営業活動を行い画家としての認知度を高めている」

「二代目社長は能力がないというが、彼は判断力や実行力があり従業員とのコミュニケーションも取れている。これは経営の才覚があることの証だろう」

「才覚」は、上記のようにその状況に応じて素早く知恵を働かせる能力がある人についていう場合に「才覚がある」「才覚を発揮する」などの形で使うことが可能です。

「才能」との違いとは

image by iStockphoto

「才覚」という言葉とはニュアンスが異なる「才能」という言葉について見ていきましょう。この「才能」という言葉は、日常においてもよく使い、またよく見聞きする言葉ではないでしょうか。ニュースから書籍、文章や会話に至るまで、いろいろな場面で触れることがあります。この「才能」という言葉は「才覚」と似たような意味を持ちますが、表す内容は少し違ってきますので、使う場面などが少し異なるということが出来ますね。混同しやすい「才能」と「才覚」は実際にはどのような違いがあるのでしょうか。「才能」の意味と使い方、例文についてご紹介していきます。

「才能」の意味

使われている漢字などから同じ意味とニュアンスを持っているイメージの強い「才覚」は、機転が利くことや智恵を働かせて処理することなどを表しています。そして、「才能」とは意味とニュアンスが若干異なってきますが、「才能」と「才覚」という言葉を適切に使い分けるためにも、この言葉の意味について辞書の内容から確認してみましょう。

才知と能力。ある個人の一定の素質、または訓練によって得られた能力。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「才能」

「才能」の使い方・例文

image by iStockphoto

「才能」という言葉の意味からも、「才覚」とはよく似ていますが分けて使うことが必要だということがわかりますね。しかしながら、意味については同じような側面もあるので、両者が表すニュアンスはは違う種類のものになるということだけは頭に入れておきましょう。では、実際に「才能」という言葉をどのように使用するのか、その使い方を知るための例文について、「才覚」の例文と対比してご紹介します。

「才能」:「彼は絵の才能はあるが、それをビジネスや収入につなげていくことは難しいようだ」(≒「彼は生まれつきの絵を描くための優れた能力を持っているが、それをビジネスや収入につなげていくことは難しいようだ」)

「才覚」:「彼は一代でゼロから大企業を築き上げた才覚のある人物だ」(≒「彼は一代でゼロから大企業を築き上げたという優れた機知や機転を備えた人物だ」)

つまり、

「才能」は「生まれつき持っている能力や、練習することで身に付いた能力」、

「才覚」は「機知や機転」(その状況に応じて素早く知恵を働かせる能力)

を表すという違いがあります。

「才能」と「才覚」という言葉を上手く使い分けよう

以上、「才覚」の意味と使い方、「才能」との違いについてまとめました。

「才覚」と「才能」という言葉は似たような意味を含みつつも、使う場面が若干異なりますね。

この言葉は主に「機知や機転」のことをいい、状況に応じて素早く知恵を働かせる能力のある人についていう場合に「才覚のある」「才覚を発揮する」などの形で使われています。

また「才能」も近い意味がありますが、この場合には「生まれつきの能力や練習することで備わった能力」をいい、「絵の才能」「音楽の才能」などの形で使えますね。

これらの語は、どちらも優れた能力がある人のことをいう時に使いますが、異なる場面で使うことができるので、適度に使い分けることが可能です。

Share:
prescott