用語

「希代」の意味と使い方・例文・類義語は?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「希代」(読み方:「きだい・きたい」)という言葉は、「希代の~」などの形でよく使われています。

稀にみる優れた人物についていう時によく使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他に近い意味の語にはどのようなものがあるのか、疑問を持っている方もいるかもしれません。

そこで、ここでは、「希代」の意味と語源・使い方・類義語・対義語などを、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正・マニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。



「希代」の意味と語源・使い方・類義語・対義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「希代」の意味と語源・使い方・類義語・対義語について説明します。

「希代」の意味は?

まず、「希代」を辞書で引くと以下のように解説されています。

【希代・稀代】

きわめてまれなこと。きだい。

 

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)

つまり、「ある物事の存在が非常に数少ないこと」を表す言葉です。

「希代」と「稀代」

「希代」と「稀代」、どちらも読み方・意味は同じです。

元々は「稀代」と表記するのですが、「稀」という字は常用漢字ではないので、新聞や放送では、同じ読み方の「希」を使って表記することになっています。

「希代」の語源

「希」または「稀」という字は、「まれ」とも読むことができ、「珍しい」「まばら」「少ない」といった意味があります。

「代」は「世代」「時代」といった言葉にも使われるように、「世(よ)」、「時世」といった意味を表す語です。

これら2つが合わさって、「世にもまれである様子」を表す言葉になるのですね。

読み方は「きだい」?「きたい?」

結論から言うと、読み方はどちらでも大丈夫です。

「だい」と濁る読み方は「呉音」と呼ばれ、仏教用語などに多い古くからある読み方であるのに対して、「たい」と濁らない読み方は「漢音」と呼ばれ、中国から日本に入ってきた読み方と言われています。

辞書を引いてみると、どれも「きだい・きたい」と両方の読み方が載っているようです。

また、『新聞用語集2007年版』の「放送で標準とする読み方例」を参照してみても、「希代」の読みは、「キタイ」「キダイ」と両方の読み方が載っています。

ただ、「きたい」と濁らない読み方は、日常生活ではあまり耳にすることがないように思いますので、「きだい」と濁る読み方の方が一般的と言えるかもしれません。

「希代」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「希代」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

希代のカリスマ、スティーブ・ジョブズ氏の生涯を記した伝記は、世界的なベストセラーとなった。」

「美空ひばりは、昭和を代表する希代の歌姫だ。」

「黒田官兵衛は、中国大返しの成功や山崎の戦いの勝利に貢献し、秀吉の天下統一において大きな役割を果たした希代の軍師だ。」

「希代」は、上記のようにめったにない、数少ない存在の優れた人物についていう場合などに、

「希代の~」という形で使うことができます。

「希代」の類義語・言い換え表現

次に、「希代」の類義語や言い換え表現を、例文とあわせて見ていきましょう。

希世・稀世

「きせい」と読み、世にまれなことを表す言葉です。

上述したように「希代」の代は「世」と同じ意味を持つ字ですから、言葉の成り立ちも同じですね。

希世の軍師として名高い竹中半兵衛は、多くの戦を勝利に導き秀吉の出世を支えた名参謀だ」

稀有

「けう」と読みます。「きう」ではありませんので注意してくださいね。

これも、「めったにはない珍しいこと」を表します。

「その日発生した地震は震度7を記録する稀有なもので、揺れが治まった後も交通機関は軒並み運行停止となっていた」

前代未聞

「ぜんだいみもん」と読み、「前代」は前の時代、「未聞」は聞いたことがないという意味を表します。

つまり「過去から現在までに聞いたことがないような珍しいこと」という意味を表す慣用句です。

「その日のニュースでは、動物が乱入して試合が中止になるという前代未聞の珍事が取り上げられていた」

類稀

「たぐいまれ」と読みます。

「めったにないこと」を表すという点では希代と似ていますが、「希代」は良い意味にも悪い意味にも使うことができるのに対して、こちらは「類稀な美しさ」「類稀な才能」など、ある物事の性質が非常に優れているときのみ使うことができる言葉です。

「わずか2歳でヴァイオリンを始め11歳でプロデビューを果たしたという彼は、類稀な才能の持ち主だ」

絶世

「絶世の美女」というフレーズを聞いたことがある方は多いでしょう。

「絶世」とは「極めてすぐれ、世に並ぶものがないこと」を表し、美しさの程度を表すときによく使われますね。

こちらも「類稀」と同じように、優れた性質を表す時に使われる言葉なので、悪い意味で使うことはありません。

「クレオパトラは絶世の美女であったがゆえに、悲劇の結末を迎えた。」

けったい

「けったい」は関西で使われる方言ですが、「希代」が訛って「けったい」になったとする説があります。

「変わっている」「奇妙な」「変な」といった意味の言葉です。

けったいな奴やな。」=変わった奴だな

非凡

「凡」は「おしなべて」「並」といった意味を持つ字ですが、これに否定の「非」を付けると、「普通より特に優れている」という意味になります。

「彼は非凡な才能の持ち主だ。」

非凡な人ほど、日々の努力を惜しまないものだ。」

「希代」の対義語

image by iStockphoto

では、希代と反対の意味を持つ言葉はどんなものがあるのでしょうか。


平凡・凡庸

上述した「非凡」の対義語が「平凡(へいぼん)」です。

これといった特徴もなく普通である様子を「平平凡凡/平々凡々(へいへいぼんぼん)」と言ったりするのを聞いたことがあるでしょうか。

言葉遊びのようでなんだか面白い響きですね。

これは「平凡」をさらに強めた言い方で、「ありきたりすぎて面白味がない」といったニュアンスで用いられます。

相手に向かって「あなたは平々凡々な人生を送っていますね」なんて言ってしまうと、大変失礼にあたりますので気を付けましょう。

また、平凡と似た意味を持つ言葉に「凡庸(ぼんよう)」というのもあります。

「僕はいたって平凡な家庭に生まれた。」

「彼は凡庸で優しいだけがとりえの男だ。」

「希代」の意味を正しく理解して効果的に使おう

以上、「希代」の意味と語源・使い方・類義語・対義語についてまとめました。

この言葉は「非常に稀なこと」をいい、数少ない優れた人物などについていう場合に「希代の~」という形で使われています。

近い意味の言葉として、「稀有」「前代未聞」「類稀な」「絶世」などをご紹介しました。これらはいずれも、「めったにはない珍しい物事、今までに聞いたことがないような変わった出来事」などを指すときに使いますが、良い意味にも悪い意味にも使うものや、良い意味にしか使わないもの、悪い意味にしか使わないものなど、微妙にニュアンスが異なりますので注意が必要です。

また、対義語として「平凡」「凡庸」をご紹介しましたが、そのほかにも「ありふれた」「どんぐりの背比べ」など、様々な言葉がありますので、ご自身で調べてみるのも面白いかもしれません。

日本語は、似た意味の言葉でも少しずつニュアンスの異なるものが数々存在し、使い分けるのが難しいですが、それだけに奥深い面白さがあります。意味を正しく理解して、効果的に使い分けられるようになると良いですね。

Share:
sakura328