用語

「まやかし」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「まやかし」という言葉は、「まやかし物」「まやかしの愛情」などの形でよく用いられています。

「まやかし」と聞けば、幻想や幻覚のようなものをイメージする人も多いかも知れません。確かにそれらのニュアンスは若干含みますが、基本的な意味は違ってきます。日常生活における様々なシチュエーションで正しく使うためにも、「まやかし」について意味を確認しておきたいですね。

一般的には見せかけだけをつくろって人を欺く物事についていう時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また同じ意味のことを他の言葉に置き換えて言いたい時にはどのような表現をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「まやかし」の意味と使い方、例文について見ていきましょう。また、よく似た意味を持つ類義語や言い換え表現について、その意味と例文もチェックしていきましょう。これらの言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。

「まやかし」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

日常生活において「まやかし」と聞けば、まがい物や偽物といったイメージがあります。さまざまな名詞とつなげてその意味を変化させることもでき、あらゆるシーンで使える言葉と言えるでしょう。しかしながら、生活の中での使用頻度は少なく感じますね。この「まやかし」という言葉について、実際に会話や文章の中に出てきた時にニュアンスもつかめるように、その意味と使い方のヒントになる例文についてご紹介します。また、「まやかし」とよく似た意味を持つ類義語や言い換え表現もチェックしましょう。これらの言葉を使い分けて、状況や物事を豊かに表現してみてはいかがでしょうか。

「まやかし」の意味

本物ではないものについて名詞の前に付けることが可能な「まやかし」ですが、イメージしがちな幻想や空想といった言葉とは意味が異なってきます。それぞれのシチュエーションで適切にこの言葉を使えるように、その意味をあらためておさらいしておきましょう。辞書に記載されている定義から、その意味についてご紹介します。

ごまかし、あざむくこと。だますこと。また、そのもの。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「まやかし」

 

 

つまり、「表面を取り繕って人の目を欺くこと、相手にそうだと思わせてだますこと、またそのようなもの」をいう語となっています。

 

 

「まやかし」の使い方・例文

「まやかし」とは、ある意味では幻想という言葉と意味が重なりますが、基本的にはその見た目や表面とは本質が違う場合に使用するのが正しいようです。偽物、もしくは本物とは違うものについて表現することができる「まやかし」ですが、日常生活の中でこの言葉を見聞きする際や、会話などで表現に使うときはどのように使用するのが適切なのでしょうか。使い方を知るために、「まやかし」の例文についてもチェックしてみてくださいね。

「特徴は似ているが、その絵はフェルメールの作品ではなく後世に描かれたまやかし物だ」

「健康志向を売りにしていても原材料には添加物や植物油が使われている食品は多い。体に優しいなどの宣伝文句も所詮はまやかしに過ぎない」

「その店では70%オフなど大幅に割引されたセール品が多く一見してお得なように見えるが、それはまやかしだ。別の店では同じ製品が普段からもっと安い価格で販売されている」

「不倫なんて止めたほうがいい。まやかしの愛情にすがっていてはいつまでたっても幸せにはなれない」

「まやかし」は、上記のようにそうだと相手に思わせて人をだますものや表面を取り繕って人を欺く物事についていう場合に、「まやかし物」「まやかしの~」といった形で使うことができます。

「まやかし」の類義語・言い換え表現 「偽物」「贋作」「見せ掛け」

image by iStockphoto

「まやかし」の類義語や言い換え表現である「偽物」「贋作」「見せ掛け」という言葉についてご紹介します。これらの言葉は、「まやかし」と非常によく似た意味を持つ言葉です。「偽物」はそのまま本物ではないものを表し、「贋作」や「見せ掛け」も同様の意味を持ちます。しかしながら、日常で使用するときはニュアンスについても考え、そのシチュエーションにフィットする言葉を選びたいですね。これらの言葉の意味と、使い方を知るのに便利な例文もご紹介します。

「偽物」「贋作」「見せ掛け」の意味

「偽物」や「贋作」は、美術品などに使われる言葉でもありますね。英語ではフェイク、またはコピーと言った表現がされるこれらの言葉ですが、「見せ掛け」についても同じような意味が込められています。そして、これらを総称して「まやかし」と言う事ができるでしょう。これらの言葉を上手く使い分けるためにも、その意味についてご紹介します。辞書の定義から、そのニュアンスについても確認しておきましょう。

美術品などの、にせ物を作ること。また、その作品。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「贋作」

 

本物によく似せてこしらえたもの。贋物。まがいもの。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「偽物」

 

実際はそうでないのに、うわべだけそう見えるようにする。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「見せ掛け」

「偽物」「贋作」「見せ掛け」の使い方・例文

image by iStockphoto

本物ではないものについて表現する時に使うことができる「偽物」「贋作」「見せ掛け」という言葉について、その使い方のヒントとなる例文をご紹介していきます。意味を掴んだ上でニュアンスを理解しておけば、これらの言葉は美術品や作品などをはじめとして、様々なシーンで使う機会があるでしょう。これらの言葉は同じように使われますが、ニュアンスの違いによって使い分けたほうがより自然な表現が可能になります。また、「まやかし」だけを使うよりも、より細かいディティールやニュアンスを表現する時に便利です。これらの表現を上手く使いこなすためにも、「まやかし」という言葉を用いた例と対比して、例文をご紹介してきます。

「偽物」:「それは見た目を有名ブランドのバッグそっくりにつくられただけの偽物だ」
(≒「それは見た目を有名ブランドのバッグそっくりにつくられただけのまやかし物だ」

「贋作」:「その絵はフェルメールの作品と称した贋作だ」
(≒「その絵はフェルメールの作品と称したまやかし物だ」)

「見せ掛け」:「彼の優しさはただの見せ掛けに過ぎない」
(≒「彼の優しさはただのまやかしに過ぎない」)

「偽物」「あるものに似せてつくった物」

「贋作」「美術品などの偽物」

「見せ掛け」「そのように見えるようにすること」

をいい、ニュアンスには違いがありますが、全体の意味をほとんど変わることなく「まやかし」と置き換える形で使うことができます。

「まやかし」の類義語や言い換え表現を上手く使おう

以上、「まやかし」の意味と使い方、類義語と言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「表面を取り繕って人の目を欺くこと」「そうと見せかけて相手をだますこと」をいい、美術品などの偽物についていう場合や見せ掛けを取り繕って人をだます物事についていう場合に「まやかし物」「まやかしの~」といった形で使われています。

また似た意味の言葉には「偽物」「贋作」「見せ掛け」といったものがあり、「まやかし」のように本物のように見せ掛けてつくられたものやそれらしく見せ掛けた表面だけの物事についていう場合に使うことが可能です。

これらの語は、上辺を取り繕って相手をだます物事についていう場合に使うことができますが、それぞれ異なるニュアンスがあるため、適度な形で使い分けてみてはいかがでしょうか。

Share:
prescott