用語

「どうやら」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「どうやら」という言葉は、「どうやら~のようだ」などの形でよく使われています。

憶測などで判断するときに便利に使える「どうやら」は、物事に対して不足を感じていながらも完成や達成をしたときにも使う言葉ですね。「どうやら」には言い換え表現も豊富にあり、それぞれの意味とニュアンスを掴んでおけば、適切に使用することが出来ます。

一般的には何となくそんな気がすることについていう時によく使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「どうやら」の意味と使い方、例文について見ていきましょう。また、よく似た意味を持つ類義語や言い換え表現である「おそらく」「どうも」「どうにか」についても、その意味と例文もチェックしておきましょう。これらの言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。


「どうやら」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

日常生活において、ある程度予測を立てて行動することが多い中で多用される「どうやら」ですが、物事や事柄について、状況などから判断をするときに使う言葉ですね。プライベートやビジネスシーンで使用することが多いこの「どうやら」という言葉ですが、自分の予測や憶測を伝えるときに使える便利な言葉と言えます。普段何気なく使っているこの言葉ですが、各シチュエーションで適切に使うためにも、その意味について知っておく必要があるでしょう。また、「どうやら」の言い換え表現として使える類義語について理解しておけば、表現の幅も更に広がります。「どうやら」のことばの意味やニュアンスについて、例文を交えておさらいしましょう。また、類義語や言い換え表現についてもご紹介していきます。

「どうやら」の意味

文章や会話においては、副詞としてその役割を担う「どうやら」は、「どうやら~のようだ」「どうやら~も」といった形でさまざまに使われています。おおよその意味やニュアンスが理解できているという人も、実際どのような意味合いで使われることばなのかを知っておけば、シチュエーションや表現を間違えることはないでしょう。使い勝手の良い「どうやら」という言葉について、その意味を辞書から引用してご紹介します。

不十分ながらも。なんとか。
大体そう判断できることを表す。おそらく。まあ。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「どうやら」

 

つまり、「十分ではないが。どうにか」「ほぼそのように判断できること」をいう語となっています。

 

「どうやら」の使い方・例文

物事に対して不十分なことを表す時や、予測や憶測による判断をするとき便利な「どうやら」の使い方のヒントとなる例文をご紹介します。この言葉は職場などのビジネスシーンから、日常生活におけるプライベートでも多く使われる言葉となっていますね。意味は理解していても、ニュアンスがつかみにくいという人なら、例文を確認すればその正しい使い方について把握することができるでしょう。「どうやら」の使い方を覚えて、言い換え表現と共に表現の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

「カフェで1時間ほど時間をつぶすことになったが、待った甲斐があってどうやら雨も上がりそうだ」

「単位が不足していたが、再試験を受験してどうやら卒業することができた」

「面接試験の場所を勘違いしていたが、早めに気付くことができたのでどうやら間に合った」

「9回でこの点差ということは、どうやらこの試合は新興の強豪校が勝ちそうだ」

「どうやら」は、上記のように「何となくそのように思う」「何とかそれをすることができた」ことについていう場合に、「どうやら~のようだ」「どうやら~できた」などの形で使うことができます。

「どうやら」の類義語・言い換え表現 「おそらく」「どうも」「どうにか」

image by iStockphoto

何となくの感覚や、不足ながらもなんとかできたという場合に使える「どうやら」の言い換え表現をご紹介します。ご紹介する類義語は、普段よく使用する機会のある「おそらく」「どうも」「どうにか」です。意味としてはほぼ同じように使用することが可能ですが、ニュアンスの違いによって言葉を使い分けたほうがより伝える内容の理解も深まります。「どうやら」と同じく感覚で使い分ける傾向のある「おそらく」「どうも」「どうにか」についても、その意味と使い方、例文をチェックしましょう。

「おそらく」「どうも」「どうにか」の意味

「どうやら」という言葉と意味が重なる「おそらく」「どうも」「どうにか」という言葉ですが、イメージとしては「おそらく」を細分化して表現する時に使える言葉でもありますね。シチュエーションによって使い分けられるこれらの言葉は、伝える内容をより的確にする際にも便利です。まずは「おそらく」「どうも」「どうにか」の意味についてご紹介します。

そうなる可能性が高いと推測する気持ちを表す。おおかた。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「おそらく」

 

はっきり断定できるわけではないが、なんとなくそのような状況だと感じられる気持ちを表す。なんとしても。どう考えても。なんだか。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「どうも」

 

かろうじて望みや条件などにかなうさま。何とか。まがりなりにも。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「どうにか」

 

「おそらく」「どうも」「どうにか」の使い方・例文

image by iStockphoto

「どうやら」と「おそらく」「どうも」「どうにか」は非常に意味の近い言葉ということができるでしょう。「どうやら」が含む意味を分けると「おそらく」「どうも」「どうにか」になるようなイメージもありますね。では、実際にこれらの言葉を文章や会話で使うときにはどのような形になるのでしょうか。使い方のおさらいもふくめて、これらの言葉を使った例文をご紹介していきます。「どうやら」を使った例文を対比してご紹介しますね。

「おそらく」:「『明日は朝が早いから』と言っていたので、おそらく彼は集合時間が変更になったことを知らないだろう」
(≒「『明日は朝が早いから』と言っていたが、どうやら彼は集合時間が変更になったことを知らないようだ」)</li>

「どうも」:「メールを送って一週間も経つのに彼から何の連絡もない。どうもメールが届いていないようだ」
(≒「メールを送って一週間も経つのに彼から何の連絡もない。どうやらメールが届いていないようだ」)

「どうにか」:「道に迷ったと気付いた時にはどうなることかと思ったが、どうにか時間に遅れることなくたどり着くことができた」
(≒「道に迷ったと気付いた時にはどうなることかと思ったが、どうやら時間に遅れることなくたどり着くことができた」)

「おそらく」「どうも」「たぶんそうなるだろうということ」または「はっきりとはしないが何となくそう思うこと」

「どうにか」「かろうじて、何とかある物事を達成できたこと」

をいい、それぞれ「どうやら」と置き換える形で使うことができます。

「どうやら」とその言い換え表現を上手く使い分けよう

以上、「どうやら」の意味と使い方、類義語、言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「十分ではないけれどどうにか」「ほぼそう判断できること」をいい、はっきりと断定はできないけれどおそらくそうだろうという事柄についていう場合などに、「どうやら~できた」「どうやら~のようだ」といった形で使うことができます。

また類義語には「おそらく」「どうも」「どうにか」といった語があり、それらの語を「どうやら」と置き換えて同じような内容のことを述べることが可能ですね。

これらの語は若干ニュアンスが異なりますが、いずれもはっきりとしない物事についていうことができるので、場面に応じて適度に使い分けることができます。

Share:
prescott