用語

「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・対義語。日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「向こう見ず」という言葉は、「向こう見ずな性格」「向こう見ずに~する」などの形でよく使われています。

先のことを考えずに行動することについていう時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方ができるのか、疑問を抱いている方もいるかもしれません。

そこで、ここでは、「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などを、法律事務所の事務職として、弁護士が作成した文書の校正やマニュアル改訂作業を行った経験を持つ筆者が解説します。

「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・対義語

image by iStockphoto

それでは、以下に「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などについて説明します。

「向こう見ず」の意味は?

まず、「向こう見ず」を辞書で引くと以下のように解説されています。

結果がどうなるかも考えないで行動すること。無鉄砲。

 

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「向こう見ず」

つまり、「それを行った結果がどうなるかを考えることなく行動すること」を表す語です。

夏目漱石の「坊っちゃん」を読んだことはあるでしょうか。「親譲りの無鉄砲で子供のころから損ばかりしている」という有名な一文で始まる小説です。

主人公の坊ちゃんは、同級生にけしかけられて2階から飛び降りてしまったり、「このナイフは何でも切れる」と自慢したら「じゃあ自分の指を切ってみろ」と言われて、本当に自分の手を切ってみせたりします。

まさに「向こう見ず」な性格といえるでしょう。

読んで字のごとくなので、由来というほどでもないのですが、「向こう」は「あちら」という意味で場所を指すほかにも「今後・これから」といった時系列を指すこともできます。

そこから、「この先どうなるか考えない様子」を指して、「向こう見ず」と言うのですね。

「向こう見ず」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「向こう見ず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

向こう見ずな性格の彼は、台風が来ていてもお構いなしに自転車で出掛けていった。」

「彼は向こう見ずにも競合店のひしめく激戦区に店を出すことを決めた。」

「猛烈なスピードを出して走る彼の向こう見ずな運転に、同乗した友人はひやひやしっぱなしだった。」

「仕事のしかたについて上司から注意を受けるも納得がいかない彼は、仕事へのやる気をなくして向こう見ずにも退職を決めた。」

「向こう見ず」は、上記のようにある人が後のことを考えずに行動する様子についていう場合に「向こう見ずに~する」「向こう見ずな性格」などの形で使うことができます。

「向こう見ず」の類義語・言い換え表現

次に、「向こう見ず」の類義語や言い換え表現について見ていきましょう。

まず、「向こう見ず」と近い意味がある言葉には以下のようなものがあります。

無鉄砲(むてっぽう)

上述した夏目漱石の「坊っちゃん」の冒頭文にも登場した言葉ですが、「どうなるか先のことをよく考えず強引に事を行うさま」を表す言葉です。

この言葉、「『鉄砲が無い』・・・?どういう意味だろう?」と疑問に思い、語源を調べてみたところ、実は「無鉄砲」というのは当て字で、「無手法(むてほう)」という言葉からきていると言われているとのことでした。

「無手法」とは、手に何も持っていない、つまり特別な技法や手段を持たずに何かを行うことをいい、そこから、後先考えずに一気に行動するという意味になったと言われています。

無謀(むぼう)
こちらも同様に、「後先をよく考えずに行動すること」を意味する言葉です。

怖いもの知らず(こわいものしらず)
「自信に満ちて、何者をも恐れない様子」を表します。

上述の「向こう見ず」「無鉄砲」「無謀」は、先のことをよく考えていないがゆえに大胆な行動に出ることを言いますが、「怖いもの知らず」の場合は、自信があるからこそ大胆な行動に出る、という意味なので、ニュアンスが若干異なるのがお分かりいただけるでしょうか。

猪突猛進(ちょとつもうしん)
「イノシシが猛烈な勢いで走るように、ひとつのことに突き進むこと」「先のことや将来を考えずに、向こう見ずに行動すること」を表す四字熟語です。

しかし、実際のイノシシは意外と用心深く慎重な性格なのだそうですよ。「猪突猛進」は誤解から生まれた表現のようですね。

以上の言葉を用いて例文を作ると、以下のようになります。

「飲食業界の経験もないのに開業を計画するとは、彼はなんて向こう見ずなやつだ。」

「何事にも臆することなく無鉄砲に飛び込んでいくあの性格が、彼の成功の要因だろう。」

「交差点で赤信号に突っ込んでいくなどの無謀な運転がいかに危険なものかを、彼はよく分かっていた」

「若い頃は怖いもの知らずだったので、上司に偉そうな口をきいて叱られたこともある。」

「フランス語がろくにできないのにフランスへ料理修行に行ったなんて、何事にも猪突猛進な彼らしいね。」

「向こう見ず」の対義語

image by iStockphoto

「向こう見ず」と反対の意味を持つ言葉には、どのようなものがあるでしょうか。

慎重(しんちょう)
「注意深くて、軽々しく行動しないこと」を指す言葉です。

用心深い(ようじんぶかい)
「十分に心をくばっている」「警戒心が強い」といった意味を表します。

手堅い(てがたい)
「やり方が堅実で、あぶなげがない様子」を指す言葉です。

これらの使い方を例文を使って見てみましょう。

慎重に検討を重ねた結果、今回は開催を見送ることになった。」

「野生動物は非常に用心深く、めったに人前に姿を現さない。」

「彼は手堅い仕事ぶりで、着実に蓄えを増やしていった。」

「向こう見ず」の意味を正しく理解して効果的に使おう

以上、「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・対義語などについてまとめました。

この言葉は「先のことを考えずに行動すること」をいい、ある人物が後でどうなるかを考えずに物事を行う様子についていう場合に、「向こう見ずにも~する」「向こう見ずな人」といった形で使うことができます。

類義語として、「無鉄砲」「無謀」「怖いもの知らず」「猪突猛進」という言葉をご紹介しましたが、この中で「怖いもの知らず」は自信があるがゆえに大胆な行動に出る、という意味を表すので、他の類語とは少し意味が異なるということでしたね。

その他にも、「むやみ」「軽はずみ」「命知らず」「衝動的」「無思慮」など、色々な言葉で言い換えることができるので、ご自身で調べてみても面白いかもしれません。

また、対義語としては「慎重」「用心深い」「手堅い」をご紹介しました。

日本語は似た意味の言葉でも少しずつニュアンスの異なるものが数々存在し、使い分けるのが難しいですが、それだけに奥深い面白さがあります。

意味を正しく理解して、効果的に使い分けられるようになると良いですね。

Share:
sakura328