用語

「大盤振る舞い」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説

「大盤振る舞い」(読み方:「おおばんぶるまい」)という言葉は、「大盤振る舞いをする」などの形でよく使われています。

ご馳走などで人を気前よくもてなす時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるときにはどうすれば良いのか、疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは、「大盤振る舞い」の意味と使い方、類義語・言い換え表現などについて、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「大盤振る舞い」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

それでは、「大盤振る舞い」の意味と使い方、類義語、言い換え表現などについて説明していきましょう。

「大盤振る舞い」の意味は?

image by iStockphoto

まず、「大盤振る舞い」には以下のような意味があります。

盛大にもてなすこと。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「大盤振る舞い」

つまり「大盤振る舞い」とは、「ご馳走するなどして盛大に接待すること」を表す言葉です。

「大盤」は「椀飯」、「大番」、「大飯」、「大判」などと書くこともあります。

「大盤振る舞い」の語源

image by iStockphoto

「大盤振る舞い」は、もともとは「椀飯(おうばん)振る舞い」と書いていました。

「椀飯」とは「椀に盛った飯」を意味するもので、平安時代に宮中で供せられる膳のことでした。それが鎌倉時代には将軍のもとに諸大名がお祝いの御膳を奉る儀式となりました。

江戸時代には、民間で正月に親戚や近隣の者を招いて宴を催すことを言うようになり、「盛大にもてなす」の意味になったと言われています。

時代とともに、「おうばん」が「おおばん」聞き違えられ、「大皿」を意味する「大盤」となりました。

「大盤振る舞い」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「大盤振る舞い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「彼の家では正月には親戚を集めて大盤振る舞いをするのが慣例となっていた」

「時々会社の後輩たちを連れて大盤振る舞いをする彼は、部下からは気前の良い上司だと思われている」

「その企業は新年のお年玉企画として対象製品の購入者に20,000円のキャッシュバックをするという大盤振る舞いのキャンペーンを実施した」

「友人の新築祝いのパーティーで、プロの職人が握る寿司や天ぷらでもてなされるという大盤振る舞いに預かった」

「大盤振る舞い」は、上記の例のように、盛大に人をもてなすことについていう場合に、「大盤振る舞いをする」などの形で使うことができます。

類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

次に、「大盤振る舞い」の類義語や言い換え表現について見ていきましょう。

「大盤振る舞い」と近い意味を持つ言葉には以下のようなものがあります。

 

「もてなす」

image by iStockphoto

「もてなす」には、次のような意味があります。

御馳走を出すなどして、心をこめて客を接待する。

出典:三省堂「持て成す」①

「もてなす」にはさまざまな意味がありますが、「大盤振る舞い」と近い意味としては、この「ご馳走するなどして心をこめて客の世話をする」ことになります。

 

「振る舞う」

image by iStockphoto

「振る舞う」が持つ意味は、次の通りです。

人に飲食物を提供する。もてなす。また、おごる。

出典:三省堂「振る舞う・振舞う」

「振る舞う」にもいくつか意味がある中に、「もてなしやごちそうをする」ということがあります。

 

「奢る」

image by iStockphoto

「奢る(おごる)」には、次のような意味があります。

程度を超えたぜいたくをする。

自分の金で人にごちそうする。物などを人に振る舞う。

出典:小学館「奢る」

「奢る」には「分不相応にぜいたくになる」「自分の金で人にごちそうをする」という意味があります。

ちなみに「おごる」には「奢る」の他に「驕る」、「傲る」がありますが、こちらは「思いあがった振る舞いをする」という意味です。

「大盤振る舞い」のように「ある人が誰かを盛大にもてなす、ご馳走する」ことを言う場合には、「もてなす」「振る舞う」「奢る」を使って次のように言い換えることができます。

「もてなす」:「彼は自宅の新築祝いに盛大なパーティーを開き、訪れた人たちに出張シェフのフレンチランチでもてなした」
(≒「彼は自宅の新築祝いのパーティーで出張シェフのフレンチランチを出すという大盤振る舞いをした」)

「ふるまう」:「彼は会社の上司や部下をホームパーティーに招き、妻の手料理をふるまった」
(≒「彼は会社の上司や部下をホームパーティーに招き大盤振る舞いをした」)

「奢る」:「その日は臨時収入が入ったという彼が部署の皆に夕食を奢ってくれた」
(≒「その日臨時収入が入ったという彼から夕食に呼ばれて大盤振る舞いに預かった」)

「もてなす」「ふるまう」は「ごちそうすること」、

「奢る」は「自分がお金を払って相手にごちそうすること」をいい、

「大盤振る舞い」とはニュアンスが異なりますが、

「大盤振る舞い」と置き換える形で使ってほぼ同じような意味のことを述べることができます。

「出血大サービス」

image by iStockphoto

「出血大サービス」は、「たいへんお買い得なサービス」という意味ですが、この「出血」は商売上の「赤字」のことだと言われています。

「あのお店は10周年記念で全品半額の出血大サービスをしていたよ」

などの形で使われる表現です。

「太っ腹」

image by iStockphoto

「太っ腹」は「度量が大きいこと」「気前が良いこと」を表す言葉です。

「彼はその場にいた全員分の食事代を払って太っ腹なところを見せた」

というような使い方をします。

「ご馳走する」

image by iStockphoto

「ご馳走する」は「馳走する」の丁寧語で、「食事などをふるまうこと」をいいます。

「今日は奢るよ」というのは目下の人には使えますが、目上の人に「奢りますよ」というのはふさわしくありません。「今日はご馳走させてください」などと言うのが良いでしょう。また、奢ってもらった場合も「奢ってくださってありがとうございました」ではなく、「すっかりご馳走になってしまい、ありがとうございました」と言うほうがスマートです。

「気前が良い」

image by iStockphoto

「気前が良い」の「気前」とは「さっぱりとした気性」「気立て」を意味し、「気前が良い」で「金銭などを出し惜しみしない」ことを表します。

「彼、今日はやけに気前がいいと思ったら、給料日だったらしいね」

 

「金に糸目をつけない」

image by iStockphoto

「金に糸目をつけない」とは、「金銭を惜しみなく使うこと」を表します。糸目をつけない凧は制御することができないというところから生まれた表現です。

「それが手に入るのなら、金に糸目をつけない」

のように使います。

「大盤振る舞い」の英語表現

image by iStockphoto

「大盤振る舞い」を英語で表すと、「lavish」「big treat」「splendid banquet」などになります。

 

「大盤振る舞い」は他の言い方もできる

以上、「大盤振る舞い」の意味と使い方、類義語、言い換え表現などについてまとめました。

この言葉は「盛大に人をもてなすこと」をいい、ある人がごちそうを出すなどして人を気前よくもてなすことについていう場合に、「大盤振る舞いする」といった形で使うことができます。

また類義語には「もてなす」「ふるまう」「奢る」などの言葉があり、「大盤振る舞い」と置き換えて同じような内容の文章を作ることが可能です。

いずれも盛大に人をもてなす場合に使うことができますが、ニュアンスはそれぞれ異なりますので、適切に使い分けられるようにすることをおすすめします。

Share:
konomianko