用語

「一献」の意味や由来・英訳・使い方・類義語まとめ

「一献」(読み方:「いっこん」)という言葉は、「まずは一献」「一献傾ける」などの形でよく使われています。

お酒の席において用いられる言葉ですが、中にはあまり耳にしたことがなく具体的にどのような使い方をするのか、また他に似た意味の語にはどのようなものがあるのか、疑問を抱くことがあるかもしれません。しかし、この言葉は目上の人に対して用いられることの多い言葉ですので、ビジネスマナーとしてきちんと理解しておくべき言葉です。

そこで、ここでは、「一献」の意味や由来・英訳・使い方・類義語について「誰にでも分かる言葉で伝える」を心掛ける現役ライターが分かりやすく解説していきます。

「一献」の意味や由来・英訳・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは、以下に「一献」の意味と使い方、類義語について説明します。

#1 「一献」の意味は?

まず、「一献」には以下のような意味があります。

【1】小規模な酒盛り。また、酒をふるまうこと。小酒宴。一酌。
【2】二献、三献と段々に酒をすすめる時の一度目の酒肴のこと。
【3】室町時代以後の酒宴の礼法で、吸い物や肴を杯に添えて出し、三杯すすめること。

出典:精選版 日本国語大辞典「一献」

つまり「一献」とは、「小さな酒盛りやお酒をふるまうこと、または最初の一杯目のお酒」を表す言葉となっています。

一般的に、「一献」という言葉をあまり耳にすることはないかと思いますが、この言葉は尊敬語として、上司など目上の相手に対して用いられることが多いです。「一献」が用いられる状況としては、接待や宴会等の席で、上司にお酌をするときに「まずは一献」のような形で用いられます。

#2 「一献」の由来は?

ここで、「一献」の由来について見てみましょう。

本来、「一献」の「献」という字は、「お客にお酒と料理でおもてなしをする」という意味があります。昔は、酒席で料理を添えてお酒を三杯すすめることが礼儀であり、これを「一献」と呼んでいました。このことから、現在の「お酒をふるまうこと」という意味で「一献」が用いられるようになったのです。

ちなみに最初の一献で出された料理は、お酒を三杯飲み終わると一度下げられ、次の三杯でまた別の料理を添えて出していたため、料理をする人は一献ごとに工夫して調理していました。そのことから、今日ではメニューのような意味で使われている「献立」という言葉も生まれたようです。

#3 「一献」の英訳は?

次に、「一献」を英語でどのように表現するのか見てみましょう。英語では、以下のような表現となります。

●a glass of~

海外では日本のように、敬語の概念やお酌をする文化がありません。そのため、この「a glass of~」は、目上の人など社会的立場に関係なく用いられる表現で、「一杯どうですか?」という意味となります。

このように日本独特の風習や文化が表れた言葉は、趣深いですね。日本語は、言葉そのものの意味や漢字の意味もあるため、外国の方は習得するのになかなか苦労するようですが、それも日本語の良さなのかもしれません。

#4 「一献」の使い方・例文

次に、「一献」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「縁側に座って真っ白な雪景色を前に一献傾けるのも風情があって良いだろう」
「お口添えのお陰で無事に契約が成立しました。お礼にぜひ一献差し上げたく存じます」
「仕事の話は後にして、まずは一献いかがですか?」
「クルーズ船で旅をするなら、船上からの景色を眺めながらぜひ一献傾けたい」


「一献」は、上記のようにお酒を軽く飲むことやちょっとした宴会で人をもてなす場合などに、「一献傾ける」「一献差し上げる」などの形で使うことができます。基本的には、目上の人に対して用いる言葉です。

ちなみに「一献」とは、一杯目のお酒または三杯目までを「一献」と表現するため、お酒が進んだ後にもこの言葉を多用するのは正しい使い方ではありません。

「一献」の類義語は?

image by iStockphoto

次に、「一献」の類義語や言い換え表現について見ていきましょう。「一献」と近い意味がある言葉には「一杯」、「酒肴(しゅこう)」などがあります。

#5 「一杯」

まず、「一杯」について見ていきましょう。「一杯」には、様々な意味がありますが、「一献」と同じような使い方をする意味としては、以下のようなものがあります。


少し酒を飲むこと。

出典:大辞林 第三版「一杯」

「一杯」という言葉は、「一献」とほぼ同じ意味となります。しかし、目上の人に対して丁寧な表現として用いられる「一献」に対し、「一杯」は部下など目下の人に対して用いられたりする言葉です。最近では飲み会など仕事上の付き合いに参加しない社会人も増えてきていますが、ビジネスマナーとして、目上の人に対して「一杯どうですか?」などと言うことがないように気を付けましょう。

そして「一杯」という言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「こんな夜には雪景色を見ながら熱燗で一杯やるのもいいだろう」
「明日は休みなので、帰りに一杯どうですか?」
「好きな映画を見ながら一杯やっている時間が、私の至福の時間だ」
「詳しい話は、あの店で一杯やりながら話そう」

#6 「酒肴」

次に「酒肴」について見てみましょう。この言葉の意味は、以下のようになります。

 

 

酒と、酒をのむときの料理。さけとさかな。

出典:大辞林 第三版「酒肴」

つまり、「酒肴」とは「お酒と、その時に一緒に食べる食べ物」を表した言葉です。この言葉は、「しゅこう」「さけさかな」など複数の読み方があります。そしてこの言葉を用いた例文は、以下です。

「正月になると、彼は親戚を自宅に招き酒肴でもてなした」
「ささやかな酒肴ですが、召し上がってください」

「一献」の類義語には、「一杯」「酒肴」などがあります。「一杯」は「軽くお酒を飲むこと」、「酒肴」は「お酒や一緒に食べる食べ物」を表した言葉です。「一献」は、「一杯」を丁寧に表現した言葉となります。

「一献」を使いこなそう

以上、「一献」の意味と使い方、類義語についてまとめました。この言葉は「軽くお酒を飲むこと」「ちょっとした酒のもてなし」をいい、軽くお酒を飲みに誘う時やお酒で人をもてなすことについていう場合に、「一献差し上げる」「一献傾ける」といった形で使うことができます。

また類義語には「一杯」「酒肴」などの言葉があり、それらの言葉を使って「一献」と同じような内容のことを述べることが可能です。

これらの言葉は、お酒の席に誘ったりちょっとお酒を飲むことについて表現する時に使うことができますが、言葉を用いる相手の立場やニュアンスの違いがあるため、それぞれ適切な場面で使い分けると良いでしょう。

Share:
tanpopo409