用語

1月に送る手紙の挨拶文・結びの言葉5選。現役ライターがサクッと解説!

ビジネスシーンやプライベートにお世話になった方へ、かしこまった手紙や文書を書く機会もあるでしょう。新年を迎えたこの時期には、これから始まる1年の幸せを予感させる表現や、相手を気遣った言葉を届けたいですよね。
今回の記事では、1月に送る手紙の時候の挨拶、結びの言葉に使える表現(新春・初春・仲冬・大寒・厳寒)を取り上げます。遅い年賀状や寒中見舞いに使うことができる言葉を、ライターが紹介します。

二十四節気(にじゅうしせっき)のこと

手紙に使える季節の挨拶、結びの言葉を紹介する前に、季節の移り変わりを知る目安になる「二十四節気」「旧暦」について取り上げます。

二十四節気とは、1年を24に分けて決められた季節の指標のこと。私たちが今使っている暦と同じく、地球から見た太陽の動きをもとにしています。中国から伝わったこの暦は、日本では季節を把握するための目安として使われてきました。今でも、行事や時候の挨拶に使われています。

二十四節気の区分では、1月は小寒(しょうかん)、大寒(だいかん)。1年の中でもとても寒い時期にあたります。

旧暦についても知っておこう!

現在使われている新暦(グレゴリオ暦)は、太陽の動きをもとにして作られており、太陽暦とも言われています。

旧暦は、月の満ち欠けが基準となって定められたもので、明治6年まで使われていました。1月は睦月と呼ばれており、親類・知人が互いに行き交い、仲睦まじく交流するという意味が有力とされているようです。

現在は旧暦は使われていませんが、以前からの習慣は残っており、「中秋の名月」や「七夕」などがその例として挙げられます。

1月の季節の言葉

image by iStockphoto

次に、時候の挨拶、結びの言葉などに使用できる表現を5つ挙げて、意味や使い方を紹介します。先に述べた二十四節気や旧暦などと合わせて覚えておけば、季節の移り変わりを知る目安にもなるでしょう。

それらの語のもつ意味と、どの時期に適しているのかを紹介します。

例文とともに、ぜひ参考にしてみてください。

新年を祝う、新春(しんしゅん)

「新春」は「新年」「初春」といった意味で、新年を祝福して述べる場合に使用します。これは、旧暦では1月が春に分類されていたことに由来。

使える時期は、基本的には1月1日から3日の間です。関西などの地域は15日までを指すこともあるようですね。

「新春の候」として文頭に置き、「新春の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます(新年において、皆様お元気で過ごしていることとうれしく思います)」といった形で使用できるほか、以下のように使用することができます。

「新春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」

「皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます」

「謹んで新春のお慶びを申し上げます」

正月を表わす、初春(しょしゅん・はつはる)

「初春」は、旧暦では正月の別名とされた語です。この場合、孟春(もうしゅん)とも。

旧暦では先に述べたように1、2、3月が春ですから、1月1日、つまり正月のこと。新暦に切り替わって旧暦とはズレが生じましたが、旧暦の慣行が残っています。

春のはじめ頃という意味もあり、立春から啓蟄の前日までを示し、3月の季語として用いることも。

「正月」「新年」といった意味があり、1月上旬に、以下のように使用することができます。

「初春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」

「謹んで初春のお慶びを申し上げます」

「初春の候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」

冬の中頃を表わす、仲冬(ちゅうとう)

「仲冬」は陰暦(旧暦)で、11月の別称。

旧暦では季節を3ヶ月ごとに分けていて、孟、仲、季をつけて呼ぶことがあります。

 1月 孟春、2月 仲春、3月 季春

 4月 孟夏、5月 仲夏、6月 季夏

 7月 孟秋、 8月 仲秋、 9月 季秋

 10月 孟冬、11月 仲冬、12月 季冬

「仲」は真ん中を示しており、「冬の中間(冬にあたる3ヶ月間の中の月)」のこと。

現在の暦では12月10日から1月7日が旧暦の11月にあたり、その時期に以下のように使うことができます。

「仲冬の候、松の内を過ぎ、ようやくお正月気分も抜けて参りましたが、皆様いかがお過ごしですか」

「仲冬の候、寒さ厳しき折ではございますが、皆様にはお変わりありませんでしょうか」

「仲冬の砌(みぎり)、冷気に身が凍みる今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか」

最も寒い時期、大寒(だいかん)

image by iStockphoto

「大寒」は、は二十四節気のひとつ。

1月5日頃の「小寒」(しょうかん)は「寒の入り」とも言われ、寒中見舞いを送り交わします。

大寒は、太陽の黄経が300度に達する時のことを示す場合と、立春までの期間を示す場合も。この言葉は「非常に寒いこと」「1年で最も寒い時期」を表しています。「寒稽古」とは、この時期にあえて剣道や柔道などの稽古を行うこと。この時期を過ぎれば、春が近くまでやってきています。

2020年の「大寒」は、1月20日。小寒から大寒の時期を「寒中」「寒の内」と言います。大寒の最終日、旧暦の大晦日の日が節分で、豆まきの習慣が今でも残っていますね。

1月下旬に送る手紙では、以下のように使用することができます。

「大寒を過ぎ、本格的な寒さを迎える頃となりました」

「大寒のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか」

「大寒の折から、くれぐれもご自愛ください」

非常に寒い時期、厳寒(げんかん)

「厳寒」は「非常に厳しい寒さ」を意味し、具体的な時期は決まっていません。極寒、酷寒と表すこともできるでしょう。

以下のように、寒い時期の只中に、相手の忙しさや体調を思いやる結びの言葉に使用することができます。

「厳寒のみぎり、くれぐれも風邪など召されませんようご自愛ください」

「厳寒の折から、何とぞご自愛専一にてお願い申し上げます」

「厳寒の折、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます」

季節感を伝えるために選ぼう!

以上、1月の季語として使用することができる言葉の意味と使い方について、日本で使われてきた暦と合わせて紹介しました。

1月は新たな年を迎える一方で、本格的な寒さが到来する時期。

この時期には、「新春」といった新年を慶ぶ語や、冬の中間を表す「仲冬」、厳しい寒さを表す「大寒」「厳寒」といった語で、季節感を表すことができます。

上旬、中旬、下旬と時期によっても選ぶ言葉が変わってくるでしょう。この記事で紹介した語から、その時々に適した表現を選んで、相手に季節感を伝えてみてください。

Share:
kana