用語

「並列・添加を表す接続詞5つ」それぞれの意味と使い方。新聞記者歴29年の筆者が解説!

日常会話の中で何気なく使っている接続詞ですが、みなさんは上手に使いこなしていますか?接続詞といっても多くの種類・言い回しがあり、どのシーンでどの接続詞を選択したらよいのか、迷うこともあります。この記事では、並列・添加を表す接続詞5つ「および」「ならびに」「それから」「しかも」「いっぽう」の意味と使い方を、新聞記者歴29年の筆者が、詳しく解説します。

接続詞とは

image by iStockphoto

まず、接続詞について、説明します。

接続詞とは品詞の一つで、続いている単語と単語、2つの文章・文節を接続するはたらきを持つ言葉です。接続詞だけで主語になったり、修飾語になったり、活用することはありません。

用途によって、いくつかの種類に分類されますが、日常比較的よく使われるのは「順接」(だから・したがって・それではなど)と「逆説」(しかし・ところが・けれどなど)でしょう。何気ない会話の中で「接続詞」と意識することなく使われているのではないでしょうか。

接続詞の機能

では、なぜ接続詞が必要なのでしょう?

「接続詞」の重要な役割は、「前文が後文に対して持っている接続関係を読み手に予告すること」です。ですから、「接続詞」が機能することによって、文章の理解が促進される、分かりやすくなるということになります。

今回の記事で解説していくのは、接続詞の中でも「並列」「添加」と分類されるものです。その中から、比較的耳にすることが多い接続詞5つを厳選し、意味、使い方を紹介しましょう。

並列の接続詞

image by iStockphoto

並列の接続詞は、前と後、AとBを対等に並べて接続するものです。法律やビジネス文書、論文など、厳格さが求められる文章でよく使われる「および」「ならびに」について説明します。

「および」(及び)

「および」は、AとBが同じグループの場合に使用します。前後を比較するような意図はなく、同じ性格のものを対等に並べて言うときは「AおよびB」です。以下のような使い方ができます。

使用例:

「住所・氏名および電話番号を明記する」

「履歴書および職務経歴書を提出する」

「受験票および身分証明書を持参する」

「ならびに」(並びに)

「ならびに」は、前後のものを並べて言う点では「および」と同じですが、AとBの関係が「および」よりも大きなグループの場合に用いる言葉です。以下のように使用することができます。

使用例:

「店舗リニューアルならびに記念キャンペーンのご案内」

「部署の統合ならびに事務所移転のお知らせ」

「新春初売りセールならびに福袋発売について」

英語では「および」「ならびに」はいずれもandです。日常会話では明確な区別を求められることはありませんが、法律や契約書では気を付けるべきでしょう。どちらの意味なのか、前後関係から慎重に判断する必要があります。

添加の接続詞

image by iStockphoto

添加の接続詞は、前の事柄に対して後の事柄を付け加えるときに用います。A+Bといった関係です。それぞれ使い方が少し違う「それから」「しかも」「いっぽう」について説明します。

「それから」

「それから」は、前の事柄の次にくる事柄を示す場合に使います。AとBの間に順序関係がある場面で使用する言葉です。たとえば、以下のように用いることができます。

使用例:

「朝起きて朝食を食べ、それから家を出た」

「軽く社内で打ち合わせをして、それから客先に向かった」

「会社を定時で退社し、それから友人と食事に出掛けた」

「しかも」

「しかも」は、前の事柄に輪をかけて起こった事柄があるときに使う接続詞です。AよりもBの程度が増大している状態を言い表します。たとえば、以下のように用いることができる言葉です。

使用例:

「記録的な大雪で交通機関は麻痺状態だ。しかも停電まで発生した」

「今朝乗った電車は信号機の故障で遅延が発生し車内は満員状態だった。しかも取引先の訪問に遅れ契約が白紙になった」

「面接の結果は散々であった。しかもその帰り、土砂降りの雨でずぶぬれになったとあっては、目も当てられない」

「いっぽう」(一方)

「いっぽう」は、場面や視点を転換するときに使う接続詞です。AとB、それぞれ違った性格の事柄だけれども、関連付けて書きたい場合に使うとよいでしょう。「~しつつ他方では…」ということを表すことができます。たとえば、以下のように用いることができる言葉です。

使用例:

「健康を維持することは自分のためだが、いっぽうでは家族のためでもある」

「彼女の試験の結果を気に掛けるいっぽう、逢うことが待ちきれない自分がいた」

「部員たちはみな、上司の命令にしぶしぶ従った。いっぽう私は、ひたすら黙ってモニターを眺めていた」

繰り返し使うことが可能な接続詞ではありますが、一つの文章の中で何度も使うと、見栄えが良くないものとなりますから気を付けましょう。

例えば

「Aが食事をした。それからBが続いた。しかもCが加わった。いっぽうではDが…」

のような感じになってしまいます。

接続詞で分かりやすい日本語を

以上、添加・並列に分類される、接続詞5つの意味と使い方を紹介しました。

日本語には、100を超える数の接続詞があると言われています。また、似たような意味を持ち、選択に困るケースも多いでしょう。ですが、それぞれ微妙に違った使い方があるので、場面に適した接続詞が使えるようにしておきたいものですね。

接続詞の役割は、文章をより分かりやすくすることです。接続詞を上手に使いこなして、正確で理解しやすい日本語にすることを心がけましょう。

Share:
keika03