その他

フリーフォントをWindows7に追加する方法

今回の記事では、フリーフォントをWindows7のパソコンに追加する手順を紹介します。

フリーフォントをWindows7に追加する方法


ブログタイトルのロゴを作成する際には、フリーフォントを使用するとデザインの幅が広がります。

投稿サイトなどで探すと無料でも利用可能なフォントがたくさんあるので、その中から手書き風・ゴシック調など希望にあったものをダウンロードして、よりブログのイメージに合ったロゴを作成することができます。

 

インストール・追加手順


それでは、ここからはすでに使いたいフォントをダウンロード済みの状態としてWindows7にインストール・追加する手順を説明していきます。

どのフォントをインストールする場合でも手順は同じですが、「やさしさゴシック手書き」をインストールしてみたので、ここではその場合の手順として紹介したいと思います。

やさしさゴシック手書き

 

右クリックメニューからインストールする方法


まずフォントをインストールする手順は2通りありますが、簡単なほうから説明します。

最初に、使用したいフリーフォントをダウンロードします。

おそらくダウンロードファイルはZip形式で圧縮されているかと思いますので、まずはそのファイルを任意の場所に解凍します。

そして、次に解凍後のフォルダに拡張子が「.ttf」もしくは「.otf」というファイルがあることを確認します。

やさしさゴシックのotfファイル

このファイルを右クリックし、「インストール」をクリックします。

ファイルを右クリックしてフォントをインストールする場合の操作画面

すると、以下のように「フォントをインストールしています」と表示されます。

Windows7にやさしさゴシックをインストールしている時の画面表示

このまま少し待ちインストールが完了すると、「コントロールパネル」⇒「デスクトップのカスタマイズ」⇒「フォント」の中に、インストールしたフォントが追加されます。

Windows7のフォントにやさしさゴシックをインストールした時の画面

上の画像のようにフォントが表示されていることが確認できたら完了です。
なお、もしすぐに見つからない場合には、画面の一覧から探す以外に右上の検索窓にフォント名を入力して探すこともできます。

 

またインストール完了した後にペイントなどのアプリケーションを開き、そこからフォント使用できるかどうか確認することもできます。

Windows7ペイントでテキスト入力時のフォントを選択する場合の画面

 

「フォントのプレビュー、削除、表示または非表示」にファイルをコピーしてインストールする手順


次にコントロールパネルの「フォントのプレビュー、削除、表示または非表示」へファイルをコピー・ペーストする場合の手順を説明します。

まず「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

Windows7コントロールパネルをカテゴリ表示にした場合の画面


もしコントロールパネルの表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」になっている場合には「フォント」をダブルクリックします。

Windows7コントロールパネル(アイコン表示)で「フォント」を選択する場合の画面


次に、以下のような画面が表示されるので「フォントのプレビュー、削除、表示または非表示」をクリックします。

Windows7コントロールパネルのデスクトップのカスタマイズ画面

すると、以下のようにOSにインストールされているフォントが表示されます。

Windows7コントロールパネルのフォント画面

フォントをダウンロード・解凍したフォルダにある「.ttf」もしくは「.otf」ファイルをこの画面の中にドラッグ・アンド・ドロップ(もしくはコピー・ペースト)します。

そうすると「○○(フォント名)をインストールしています」と表示されるので、インストールが終わったら画面の中に新しいフォントが追加されたかどうかを確認して完了です。

 

まとめ


フリーフォントは利用にあたって商用利用の可否などを事前に規約を確認する必要がありますが、簡単な操作でパソコンに追加して使用することができます。

ここではWindows7の操作として説明しましたが、他のOSであっても同じような手順でインストール可能かと思いますので利用する際には参考にしてみてください。
Share:
シゴトピ編集部